辰巳用水の水使用について公開質問

掲載更新 2010.4.27

4月27日、県河川課をたずね、公開質問を渡してきた。
河川課から中村課長他、水政グループから2名対応いただき、4月14日までに回答を求めた。
公開質問は以下のとおり。
 ・本文 → Wordファイル(32KB) pdfファイル(82KB)
 ・県政記者室へ事前案内 Word


辰巳用水の水利用についての公開質問

前略
辰巳用水土地改良区に対する河川法による流水占用許可(法23条・水利権)、同土地占用許可(法24条)が、直近の許可(2000年4月1日〜 2010年3月31日)が更新期日をむかえました。
この更新の内容を確認するため、特に法23条水利権の扱いにつき、過去2002年5月23日、貴台に対して質問した経緯があり、資料請求したところ先日4月20日「不存在決定」なるものが示されました。
当日、更新事務担当者(県央土木総合事務所職員)の説明によれば、「水利権の更新は行われていない」とのことでした。
許可初年度(s42)から過去5回更新されてきた更新資料がないことは、今年度から辰巳用水の水を誰も利用できないことを意味するため、再度担当者に確認を求めたところ、「大きな問題なので説明できない。本庁にたずねてほしい」とのことでした。
現在、辰巳用水から「兼六園」や「いもり堀」、「金沢駅前」にも引水されており、2000年の公開質問に対する県の回答(「辰巳用水は許可水利権である」)によれば、これらの水使用は違法となるため、自らの責任で引水は中止すべきです。
こうした問題が発生しているため、次の諸点について質問いたします。
すでに、担当部局では問題の検討は済んでいると思われますので、来る5月連休後ただちに(14日(金)まで)回答を求めます。

■質問1 辰巳用水の水利権について
2000年の質問:「辰巳用水は慣行水利権ではないのか?」に対して、県の回答:「河川法の施行に伴い、河川法施行法第2O条第1項の規定により、許可を受けたものとみなされたもの」で「辰巳用水に係る水利使用は、許可水利」という県の見解に変更はないかおたずねします。

■質問2 辰巳用水からの利用について
辰巳用水からは、兼六園での利用だけでなく、最近の「いもり堀」や「金沢駅前」への引水が行われています。河川法によれば、流水使用者は許可(法23条:水利権)が必要で、その手続きを踏まずに行われている利用は、合理的な水利用の秩序を乱す、いわゆる「盗水」にあたり、河川管理者たる知事は、ただちに利用の中止を行う必要があります。
この措置を行う考えはないか。現状を放置するならば、その根拠についてお答えください。

■質問3 水の使用者への許可について
兼六園、いもり堀、金沢駅前への水利用については、水の利用者である石川県知事や金沢市長などが、河川管理者たる石川県知事に対して河川法第23条の許可が必要で、この時、河川法38条による関係河川使用者の同意や但し書き規程の書面が必要ですが、こうした手続きは行われているのか? また必要でないとすればその根拠についてお答え下さい。

■質問4 辰巳用水や他の用水の実態把握について
辰巳用水は歴史的に金沢市街に分流し、いわゆる「用水の町・金沢」なる景観を形成しており、同様の歴史的な他の用水、特に鞍月用水と大野庄用水と密接な関係があります。従って、犀川から取水され金沢市街全体を貫流する全体の水の利用量の整合性が必要です。本会の調査によれば、許可水利権あるいは慣行水利権での農業用水への取水量はどの用水も書面で許可されている水量を大幅に越えており、しかも農業用水が必要としている潅漑面積がこの40年間で、20%程度に減少しています。こうした必要量以上の水は河川法を逸脱した不当、違法なものです。河川管理者みずからがこうした不当、違法に手をかすことでもあり、早急に実態把握の上、適切な水管理をする必要があります。こうした対策をする考えはないか? あるとすれば、そのタイムスケジュールをお示し下さい。

■質問5 辰巳用水の所有権について
2000年の質問で先送りになった「辰巳用水全体の所有権については、今後、整理してまいりたいと考えております。」について、お答え下さい。

■質問6 仙台市の観光用水利権について
仙台市は市内に貫流する、六郷用水と七郷用水について国交省に「観光用水利権」を申請し、全国初の許可を受けています。石川県は、こうした措置に学び、金沢市と協力して同様の水利権を取得する考えはないか、お答え下さい。

■質問7 過去の「公開質問」について
市民からの「公開質問」についての扱いについて、最近とくに、石川県、特に河川課の対応には不当なものがあります。つまり昨年6月1日(水防計画、パラペット)、今年3月29日(小橋用水堰)の二つの重要な問題についての公開質問に対して全く回答が行われていません。こうしたことはかつてないことです。
二つの公開質問についてもただちに回答をいただきたい。


関連情報
 法整備の歴史と辰巳用水》
 《 やっぱり兼六園の水使用は違法だ!》 
 《 水泥棒が毒をまく 》
  総括的には → 《辰巳ダムと水利権の研究》


◆辰巳ダムのページへ ◆トップページへ  ◆情報公開日誌へ