金沢市の水防計画決定に異議あり

掲載更新 2009.8.6

おかしな、石川県の水防計画、またこれに追随した金沢市の水防計画。疑問全体のポイントは先に掲載したページ「水防計画に重大な変更」を参照ください。
行政が行った決定(処分)に不服がある者は、行政不服審査法5条、第6条の規定で、審査請求又は異議申立てをすることができる。
異議申立、審査請求はいずれも60日以内となっている。
かろうじて60日以内となるため、審査請求を行った。
しかし、別途資料(審査請求とは?)にあるように審査請求の請求先が違うかもしれない(*_*)
これは、たしかに間違っているため、新しく市に異議申立、県に審査請求を提出してきた。

以下のものは、旧のもので、取り下げたものである。
新しいものは、別ページに掲載。


旧の 審 査 請 求 書


 審査請求人: 渡辺 寛(年齢) 住所:

 審査請求に係る処分
    平成21年度金沢市水防計画決定

 審査請求に係る処分があつたことを知った年月日
    平成21年6月6日(新聞紙上にて)

 審査請求の趣旨及び理由
  金沢市水防計画は、石川県の水防計画決定を受け、水防法(昭和二十四年六月四日法律第百九十三号)において「水防管理団体」とされる金沢市が、「その区域における水防を十分に果すべき責任を有する。」ものとして、独自に計画を作成したものである。
  しかし、金沢市の水防計画決定に先立つ、5月21日に決定された石川県の水防計画に重要な不適切、違法性の疑いの含まれており、県の水防計画決定に委員として参加している金沢市が、その不適切、違法性を見逃し、また、金沢市独自の計画策定において、石川県の不適切、違法性部分を前提として水防計画を作成したのは、違法の疑いがある。

  重要な不適切、違法性の疑いのある部分とは次の点である。
  その1
  石川県は独自の「水防上最も重要な区間」として、次の基準を設定した。
  「既往洪水量(2〜3年に1回程度)の水位に対し堤防高又は断面が不足しているため、河川が溢れる危険性がある箇所で、重大な被害が予想される箇所。」
  これは、前年度までの「計画高水流量規模の洪水の水位が現況の堤防高を越える箇所。」という基準に比べて、危険性を大幅に緩和し、現実と整合性がとれず、水防計画を混乱させ、本来の危険箇所周辺の住民を危険にさらすものである。しかし、金沢市の水防計画では、この石川県の基準について吟味せず、漫然と踏襲、前提にして危険箇所を再確認している。

  その2
  石川県の危険箇所選定に、過去発生した「法崩れ、すべり」として、「実績、対策が未施行の箇所」とあるが、過去、昭和39年に発生した浅野川洪水で、浅野川下流4カ所で堤防決壊があり、また平成19年には、新北寺町の堤防で漏水が確認され、19年から20年にかけて堤防補強工事が行われている。
  また、昨年7月28日に発生した浅野川洪水では、新北寺町から東蚊爪町までの堤防全体に漏水が発見されており、危険箇所判定基準からしても、AないしBの危険度として記載されるべきものであるが、当該箇所はまったく危険箇所に指定されていない。

  これらは、昨年の浅野川洪水を経験した行政として、より安全側に危険箇所を設定し、防災活動と住民意識高揚に努力すべきであったはずである。これは、本来行政が行うべきことから逸脱していることは明瞭である。

 処分庁の教示の有無及びその内容
  教示はないが、行政不服審査法をもとに調べて提出するものである。

 審査請求の年月日: 平成21年(2009年)8月4日


◆公開質問 ◆審査請求とは? ◆トップページへ  ◆情報公開日誌へ