辰巳ダム公聴会が開催

賛成論は内水と外水を混同した感情論。
反対論は計画を具体的に批判。

掲載更新 2007.5.29

国交省北陸地方整備局建政部が主催する「犀川辰巳治水ダム建設事業に係る公聴会」が終わった。2月07年5月20日(日)、21日(月)の二日間で先に地震で延期(中止)された再開版。
公聴会の詳細は北陸地方整備局建政部のホームページにある。
しかし目次からリンク先のpdfファイルが開かない。これはファイル名が日本語(2バイト文字)だからだ。特殊な仕掛けをしないと認識されない。
この案内をこちらに紹介した(◆pdfファイル)。地元新聞に載せた公告はこちらに(◆jpeg画像で
――――――――――――
さて、この公聴会の公述人は以下のとおり。賛成10名、反対11名。
総じて賛成論は洪水恐怖と内水氾濫と外水氾濫を混同した感情論で辰巳ダム早期着工を主張。
これに対して反対論は県の計画に対する具体的な問題の指摘。

一日目 (●:賛成論 ○:反対論)
● 山本好能(石川県知事代理人。土木部次長)
○ 碇山 洋(金沢大学教授、辰巳の会代表)
● 吉藤哲夫(二塚地区町会連合会、元国交省OB)
○ 木村久吉(元金沢大学教授。元県文化財審議委員)
○ 下郷 稔(元兼六園事務所所長)
● 平田 博(米丸町会連合会会長)
○ 中 登史紀(土木エンジニア、犀川の河川整備を考える会代表)
○ 渡辺 寛(住民、ナギの会代表)
● 上村彌壽男(犀川期成同盟会・上村電建会長)
● 藤崎 強(金沢市代理人。国交省から来た金沢市副市長)

二日目
○ 宮江伸一(元金沢大学教授、辰巳の文化遺産と自然を守る会)
○ 本間勝美(住民、森の都愛鳥会会長。元金沢市議会議員)
● 雨坪裕孝(元石川県技監)
○ 吉岡 勇(住民、金沢自然観察会代表)
○ 杉浦幸子(住民、石川の水を考える会代表)
● 作田 勝(金沢市観光協会副会長)
○ 北 賢二(元水淵町住民)
● 野尻安司(金沢市漁業協同組合長)
○ 中川清二(二塚住民)
● 向 外雄(辰巳ダム建設促進連盟副会長)
● 石井達夫(辰巳ダム建設促進連盟会長・辰巳ダムデザイン検討委員)
――――――――――――
◆私は第一日目に公述。農業用水、地すべり、危険箇所問題など
 (公述原稿:Wordファイル36KB資料pdfファイル1259KB
◆中 登史紀さんがホームページで公聴会全容解説中


◆辰巳ダムのページへ ◆トップページへ  ◆情報公開日誌へ